TOPへ


葛飾高砂会とは

葛飾高砂会の報告書

連絡事項および当院ニュース

講演会/学会/司会

診療案内

国際学会発表関連(平成18年のみ)
  国際学会のシンポジウムの一つを企画・座長
  2nd World Congress 2006 International Academy of Cardiovascular Sciences July 14-16 Diabetes Mellitus and Heart failure(糖尿病と心不全) 国際学会発表
  第42回ヨーロッパ糖尿病学会(デンマーク)発表
  Use of broadband technology and remote diagnosis of diabetic retinopathy. M. Kato, N. Kato etc.
Diabetologia(2006)49:Suppl 1 1-755:1079 abstract :Use of broadband technology and remote diagnosis of diabetic retinopathy(糖尿病網膜症に対するIT技術を用いた遠隔診断)M Kato, N Kato ,H Fujii, T Miyakawa(abstract)
  第42回ヨーロッパ糖尿病学会発表
  Dialectologies(2006) M Kikuchi, M Kato Vildagliptin decreases HbA1c after 12 weeks treatment in Japanese patients with type 2 diabetes.(ビルダグリプチンは日本人における2型糖尿病患者のHbA1cを低下させる)
  第11回国際マグネシウム学会発表
  Examination of ionized magnesium levels and serum magnesium levels at a diabetes clinic in Tokyo N. Kato, M. Kato Oct23-26,2006
  
  Chronic dietary magnesium deficiency is strongly associated with incidence of type 2 diabetes among the Japanese. K Yokota, N. Kato, M. Kato
平成17〜18年
  糖尿病(高齢者のからだと病気シリーズ全)
  加藤光敏・加藤則子2006 3月出版  日本医学館
  メタボリックシンドローム
  和田高士、稲次潤子、加藤則子共著
 保険同人社(全167ページ)2006年11月出版
  共著:あなたの疑問に身近なお医者さんが答えます。Q&A181
  藤光敏他葛飾区医師 医歯薬出版2006.
3つ分担執筆
@AEDってなんですか?
A血糖値が高いと言われました。どうすれば良いでしょう?
Bメタボリックシンドロームとは何でしょうか?
   糖尿病診療マスター 第4巻3号、2006:373−377特集 執筆
  インスリン治療のエキスパートになる
インスリン治療の工夫:シックデイルールとケトアシドーシス
   「糖尿病から動脈硬化も。合併症で高まるリスク」メタボリックシンドローム 記事
  平成18年4月27日朝刊 新聞全面記事 産経新聞医療欄 メタボリックシンドローム対談記事
   座談会記事「肥満と糖尿病」座談会
  空腹感と低血糖―臨床の現場からー5巻、691−706,2006 加藤光敏、内潟安子先生、対談
   記事 関東甲信越とうゆうニュース編集後記
  メタボリックシンドローム2006
   執筆 CDEJのための情報アップデート
  体外式除細動器(AED: Automated external defibrillator)
   執筆 知っておきたいメタボリックシンドロームの基本的考え
  CDEJのための情報アップデートP7 2006年2月CDEJ News Letter
   執筆 糖尿病診療マスター
  海外に渡航する糖尿病患者への注意点、3(2)p242-2452005
   執筆 食事エネルギー量は食べ方の目安
  糖尿病診療マスターVol 3(13)136-137,2005加藤則子・加藤光敏
   執筆 食事は治療の基礎
  糖尿病診療マスターVol 2(13) 134-135 加藤則子・加藤光敏2005
   執筆 糖尿病ケア特集6 飲酒・喫煙がやめられないFさん
  糖尿病ケア Vol. 3(No7)45-52,2006
   執筆 糖尿病ケア特集 知っておくと便利SMBG使いこなし術:SMBGの考え方
  糖尿病ケアVol 3.(No9)20-25,2006 
   記事掲載 R25 「メタボリックを撲滅せよ!」
  P13、No112、2006年10月5日
   執筆 血糖を上げにくくする食習慣
  糖尿病診療マスターVol 3(2)156-157,2005 加藤則子・加藤光敏
   執筆ドロドロ血液は赤信号!
  車メーカーの冊子監修
   掲載 プロアクティブ結果速報 ヨーロッパ糖尿病学会2005,アテネ
  大規模臨床試験発表時のアテネにてのドクターコメント速報の一人
   執筆 フォーミュラ食をインスリン療法中の糖尿病患者に許可するか?」
  4巻(5号)2006 7月 糖尿病診療マスター 医学書院 加藤則子
   執筆 外食の取り方
  糖尿病診療マスター Vol 3 158-160,2005加藤則子・加藤光敏
   執筆 教育入院したつもりで宅配の糖尿病食を経験する
  糖尿病診療マスターVol 3 169-172 加藤則子・加藤光敏
   執筆 健康食品とのつきあい方
  糖尿病診療マスターVol 3 173-175加藤則子・加藤光敏
   生活に基づいた賢い食事のとり方
  糖尿病診療マスター Vol 13(2) 152-153 2005 加藤則子
   掲載記事 糖尿病ケアのチームアプローチ
  ナーシング・トゥデイ20(2)2005 p42-44
   執筆 2型糖尿病と閉塞性動脈硬化症
  実地医家にできる閉塞性動脈硬化症患者への対応 薬局56(5)、P66−76、2005
   掲載記事 日経メディカル
  Nikkei Medical(454)2005 SU薬の使い方を見直す。投与薬のさじ加減を心得ているか?P16-17,2005
   冊子掲載 生活習慣病と健康自己管理
  予防と発見のために ダイワハウス紙上健康講座P6−7
   記事掲載 日経メディカル
  Nikkei Medical(No459)2006(2)P20-21 コメント


Copyright (C) 2000-2005 Kato Clinic & Topwork, Inc. All rights reserved.